bat_logo.jpg
RUFUS BLOG



---Twitter---
http://twitter.com/shuhej



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--



Envelopes "Here Come The Wind"
Envelopes

先行カットの7inchを紹介したEnvelopesのフルアルバムが届いた。
EggstoneのPer Sundingプロデュースでタンバリンスタジオ録音。前作『Demon』に比べてHenrikのボーカルに張りが出て声質がよりPerっぽくなってるのが微笑ましい。持ち味のデタラメなローファイ感も中盤のスカスカな打ち込み曲あたりでいいアクセントになって発揮されてるような気がするし、2ndらしい良さがある。

ついついEggstoneとかタンバリンとか押してしまうのはおそらく日本だけというか、らしいとこだと思うけど、そういうのは関係なくEnvelopesは今のインディーシーンから見てめちゃめちゃ面白いバンドだという事もちゃんと言っておかなきゃね。まあ、今のスウェディッシュシーンが昔とちゃんと地続きになって花咲いてることがなんかいいな、と感じるのでついつい言ってしまうんだけど。そしてそんなこと関係なしに個人的にArchitecture In HelsinkiとかVampire Weekendが好きな人に並べて聴いて欲しい感じ。ナイスなインディーポップ・アルバム繋がりってことで。

The EnvelopesのMyspace

スポンサーサイト
2008/03/19



Brand New Pics
Matias Tellez

Matias Tellezの写真を少し撮っていたので現像できたものからFlickrに毎日ちょっとずつアップしていきます。もしよければリンクからどうぞ。

次のライブは4月5日で久しぶりの東京。
"Second Royal"が仕掛ける東京での初のライブイベントだ。
カジヒデキさんにもゲストで出演していただけるとうことで本当にうれしい。
新曲ももっともっと磨き上げていきたい。

みなさんぜひ遊びにきてください。
詳しくはこちらへ。

2008/03/18



Matias Tellez Live@深江浜Zink
IMG_6047.jpg

Matias Tellezのツアーファイナルを観に深江浜ZINKへ行ってきた。彼らはハードスケジュールでボロボロになりながらもやっぱりここでもかっこいい演奏をしていた。なんてタフなんだろう。

何かと用事があって行っていたとはいえ、一緒に出たのも合わせれば結局4公演観たことになる、まるでおっかけみたい。その調子で8月あたりには彼らの住むBergenを訪ねる事になりそうだ。録りか単なる観光かはまだわからないけど、夏がちょっと楽しみになってきた。BergenといえばMatias Tellez以外にもHP Gundersen、Toy、The Royalties、Mari Persen、Sissy Wish、House of Hiss、そしてSondre Lerche、もっといるけどもうきりがないので書きませんが、んー、いいところだな。

打ち上げでMatiasの話を聞いていて思ったけど、やっぱりというか、かなりインディー精神のあるやつだというのがわかったし(彼はundergroundとかattitudeという言葉を使っていたけど)、19歳とはいえ13歳でデビューしてるようなやつなのでさすがその辺のアレはしっかりしていた。
13歳か…中1の時って何してた?僕は他校のヤンキーにカツアゲされてました。

MatiasはもちろんバックのRuneもOlssonもナイスキャラだし、本当に出会えてよかった。
Flake Recordsのダワさんに感謝。おつかれさまでした。

よく考えたら神戸のも出ればよかったかと。

2008/03/17



3/14 RUFUS LIVE@京都Metro "Second Royal"
Matias

Matiasのライブは大阪Sunsui京都Metroとも良かった。
ドラムのウルソンのクールさが好きだ。

自分のライブはというと、出番直前のDJで森野さんが最初にかけたLeon Russellと最後にかけたBlow Monkeysでテンションあがったおかげでいい感じにできた気がする。

2008/03/16



Boy On The Moon
Matias Tellez

Matias TellezとRiddim Saunterのアコースティック・ライブを観にdigmeoutへ。
どちらのライブもすごくよかった。Matiasはアドリブ多めのジャムセッションっぽいところもあってアコースティックらしい良い空気感。「I Love I Love I Love」はやっぱりいい曲だ。

Matiasツアーの詳細はこちらFlake Records DAWAさんのBlogへ。
なにやら面白いことになってる。

2008/03/12



The Royalties
pola080310


14日はバンド形態での今年初ライブだ。何よりMatias Tellezがとても楽しみ。

最近はリハで今まで作った事ないタイプの曲に取り組んでいて、技術も脳もセンスもまったくついていけず自分内キャパを軽く超越中。自分の曲なのに。生みの苦しみもまあ新鮮だし楽しいのでよしとする。

Matias Tellezということでノルウェーつながりだけど、4月にリリースされるThe Royaltiesの2ndアルバムが待ちきれない。本当に待ちきれないので先に書いてしまいますが、このバンドはRay Wonderの再来!と言ってしまいたい。心の名盤「Good Music」で止まっている僕の数年間をやっと更新をできる日が来るかもしれない、大げさではなく。Rayってことは日本では「好きな人はめっちゃ好きだけどいまいち人気でない」扱いされそうだけど、こういうのもっとちゃんと届けばいいな、届けたいな、と思っている、今年こそは。早く聴きたいよー

The RoyaltiesのMyspace


2008/03/11



Envelopes "Party"
BRILS27S.jpg

昨日のミックス仕事終わりに、高橋さんと森野さんのやっているラジオ「ハーフタイム」の収録になんとなーく遊びに行く。ついでに出演。別に特別ゲストという訳でもなかったのでただ横で二人の話を聞いていただけだけど、その3人目のポジションって意外と難しいもんですね。
ボンヤリしつつ楽しかった。

その時高さんがかけてたEnvelopesの新しい7inchがめちゃめちゃ好きな感じ。
さすがEGGSTONEのペールさん仕事。

EnvelopesのMyspace


2008/03/05



閏日
Ryosuke

昨日は4年に一度の閏日。
よい天気だったのでレコーディング前に良介と鴨川を散歩した。
数日前に雪だるまを作ったとは思えない春っぽさ。

El Perro Del Marのアルバム「From The Valley To The Stars」が静かでいい。
なんというか、可憐かつ荘厳な感じ。

El Perro Del MarのMyspace

2008/03/02


 + 




LINK
RufusのMyspace
Second Royal
Wednesday Official Site

---【Login】
copyright © 2007 SECOND ROYAL RECORDS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。