bat_logo.jpg
RUFUS BLOG



---Twitter---
http://twitter.com/shuhej



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--



Je Suis Animal『Self-Taught Magic From A Book』
1607704-564x376.jpg

ノルウェーのバンドが続きますが、Je Suis Animalのアルバム『Self-Taught Magic From A Book』も最高でした。こちらはノルウェー人女性2人とイギリス人男性2人のOsloのバンドでいつも紹介しているBergen勢とはまた違うシーンのバンド。elに通じるエレガントさとベッドルームなサイケポップ感とが合わさったThe Shop AssistantsというかDolly Mixtureというか、とにかく一筋縄ではいかない僕好みのナイス・インディーポップ。この辺の音は旧譜を引っ張りだしてまでは聴かないけど、新しいバンドとなれば夢中になって聴いてしまう。
Je Suis AnimalのMyspace




スポンサーサイト
2008/04/25



The Royalties 『The Lost Royalties』
Royalties.jpg
昨日紹介したToyと同じノルウェーのBergen出身のThe Royaltiesのニューアルバム『The Lost Royalties』はもう本当に大好き。「地球に生まれてよかったー!」と両手を上げたくなるくらい。流行りのバンドサウンドからしたら70年代趣味過ぎるし、ダンスビートをがっちり取り入れてる訳でもないけど、好きな音楽ギリギリいっぱいまでカラフルに詰め込むところや、その詰め込み方にみる北欧らしさ、器用すぎて逆に不器用なところが僕にとってはすごく魅力的。「Music For Cooking With Gass」中心にずっとリピート中。

The RoyalitiesのMysapce

2008/04/24



Toy『Half Baked Alaska』
TOY.jpg

Toyのニューミニアルバム『Half Baked Alaska』を名古屋のarch recordsで手に入れた。「Welcome To Cedars Lodge」という曲とそのHigh Llamasリミックス、あとはライブ音源という構成。Toyは二人組で、片方のJorgen TraeenはノルウェーはBergen出身でSondre Lercheはじめ僕らの大好きなアーティストの作品にたくさん関わっている、いわいるそのシーンのキーマンのひとり。ライブも10人編成のオルガン隊によるちょっとストレンジなオーケストラといった感じで、プレイヤーの表情にもアカデミックな雰囲気が漂っていて楽しい。

Toyはよくエレクトロニカ的な扱いで紹介されるけど、僕はこれをエレクトロニカとしては聴いていなくて、括りがどうであれ、ただ鳴っている音が小学生低学年くらいの時にエレクトーン教室でよく聴いていた音色に近くて、そこにノスタルジーを感じているだけだったりする。今でもあの中に入ってたプリセットの音色全部好きだ。あの音色に浸れるなら今もヤマハ音楽教室でちびっ子に混ざってレッスンを受けたい。

ライブの映像のも必見。10人の中にはSissy WishやHelen Eriksenの姿も。


これを観て、僕はあの頃の発表会を鮮明に思い出した。全くまじめに練習していかず、本番のステージの上でボリュームを絞り鍵盤にただ手を置いてリズムをとってごまかしていた時の事を。今思えばひどくデタラメだ。大人には絶対ばれてたはずだ。

2008/04/23



4/20 RUFUS LIVE@ Nagoya "SHINSAKAE MUSIKCIRCUIT 2008"
Hee

前日の前夜祭でのDJが終わって割りと早めにホテルに戻ったんだけど、ベッドで食べかけたおにぎりを手に持ったまま、口に頬張ったまま眠ってしまった。限界でした。そんな4月に入ってから続いたハードスケジュール、SHINSAKAE MUSIKCIRCUITはそのファイナルといった感じでボロボロになった自分を全部ぶつけてきた。良いイベントだった。また出たい。

2008/04/21



4/17 RUFUS LIVE@ SUNSUI
Maia&Säkert!

楽しみにしていたスウェーデンの女性アーティストMaia HirasawaとSäkert!と共演。どうやら日本の前に中国ツアーをしたきたようで、Säkert!のAnnikaは喉を壊してしまったらしく万全ではなかったようだけどそれでも大好きな「Vi kommer att dö samtidigt」はやっぱり最高だったし、Maiaに関しては言葉にならないくらい良かったのでもう詳しくは書かない。とにかく言える事は今、僕の頭の中はAnnikaとMaiaだらけだ、ということだ。

本番ではやらなかったけど、リハーサルの時には今スウェーデンで話題のMaiaのThe Arkのカバー「The Worrying Kind」も聴けた。本人曰く「4回ゲネリハしたからあんまり緊張しなかった」というこのTV番組での演奏ははっきりいってすごいです。



自分のライブ関しては、今回でアコースティックでのライブの可能性をギター1本で広げて行く心構えができた感じがする。これから名古屋でDJとライブの2本立てで、それが終わればやっとちょっとだけゆっくりできる。カメラをもってどこかへ旅行へ行きたい、ゴッセンバーグは、無理か。

2008/04/19



4/5 RUFUS LIVE@渋谷O-Crest
IMG_6415.jpg

セカンドロイヤル企画での初めての東京でのライブイベント。カジさんに出演していただいたことはもちろん、それが東京で、渋谷でという事も自分の中でこっそり嬉しかったする。内容もすごく良いものになったので、これからも定期的に開催していこうと思う。

打ち上げが終わり、その後も新宿へと続く楽しそうな空気に背を向けて京都までトンボ帰りした。やらなければいけないタスクが山積みで今にも崩れてきそうだからだ。そのうちのひとつ、ある女性アーティストのリミックスに昨日から取りかかっているのだけど、オリジナルが超名曲なだけに相当気合いが入っている。空回りしないようにしなければ。

2008/04/08



Rufus Official Website Open!
PICT0023.jpg

RufusのOfficial Websiteがオープンしました。

URLはhttp://rufus.petit.cc/です。

いち早くNEWSや更新情報などを知りたい方はTOPメニューでRSS登録をお願いします。

このBlogやMyspace、Flickrとか色々あるので一つにまとめた感じです。ウェブストアも作りたいし、まだまだ色々変えたいところはあるので、デザイン含めそのうちもうちょっと気の利いた感じになる予定です。そんな事言ってて1年くらいはすぐ経ちそうだけど、更新はしっかりしていこうと思います。

気がつけばもう4月。何かと毎日忙しくてゆっくり花見に行く暇もないので、自転車で移動中に遭遇する桜ごとに足を止めてシャッターきっている。群がる一眼デジ達の中にひとりオールド・ローライフレックスのおっさんがいて、不良っぽくてかっこよかった。


2008/04/01


 + 




LINK
RufusのMyspace
Second Royal
Wednesday Official Site

---【Login】
copyright © 2007 SECOND ROYAL RECORDS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。